楽天が接戦を制した。一回にディクソンの適時内野安打と岡島の右前適時打で2点を先制。田中将が6回1失点と好投し、日本球界復帰後初で8年ぶりの白星を挙げた。西武は打線が振るわず2分けを挟んで5連敗を喫した。