世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級タイトルマッチ12回戦は24日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われ、チャンピオンの寺地拳四朗(BMB)が挑戦者の久田哲也(ハラダ)を3―0の判定で下し、8度目の防衛に成功した。

 2019年12月以来の防衛戦となった29歳の寺地は2回に右のカウンターでダウンを奪った。中盤以降も鋭いジャブで機先を制し、的確なワンツー攻撃などで着実にポイントを稼いだ。

 戦績は29歳の寺地が18戦18勝(10KO)、36歳の久田は47戦34勝(20KO)11敗2分け。

 興行は観客を入れて開催、会場の収容人数を50%以下に制限した。