千葉県は24日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き「まん延防止等重点措置」の対象区域に千葉など7市を新たに加えることを正式決定した。県内の対象区域は指定済みの船橋など5市と合わせ12市となる。28日に追加し、5月11日まで対策を強化する。

 追加されるのは千葉市のほか、東京都に近い県北西部の野田、流山、鎌ケ谷、我孫子、八千代、習志野の各市で、対象区域の飲食店に酒類提供の自粛を求める。県内全域の百貨店など大型商業施設で、入退場規制や一方通行による動線管理など混雑対策を要請することも決めた。

 埼玉、神奈川両県も対象区域を拡大する方針を示している。