【ジャカルタ共同】53人が乗ったインドネシア海軍の潜水艦が21日未明にバリ島北方沖で消息を絶った事故は24日、発生から72時間が経過した。国軍によると、艦内に備えていた酸素が尽きた計算となり、乗組員の生存がいっそう危ぶまれる状態となった。潜水艦の位置の特定には至っておらず、捜索は長期化する可能性が高まっている。

 現場海域には海軍などの艦船20隻以上が展開している。外国からの支援も相次いでおり、シンガポールとマレーシアが潜水艦救難船を、米国は哨戒機を派遣。オーストラリアのフリゲート艦も捜索に加わった。