【ヤンゴン共同】在ミャンマー日本大使館は23日、ミャンマー治安当局に逮捕、訴追されたフリージャーナリスト北角裕樹さん(45)と電話面談したと明らかにした。健康状態に問題はないことを本人から確認したという。北角さんと直接連絡が取れたのは、18日に逮捕されて以来初めて。

 北角さんは「虚偽のニュース」を広めた疑いがかけられ、最大都市ヤンゴンの自宅で逮捕、その後訴追された。現在はヤンゴン市内のインセイン刑務所に収監されている。同刑務所は政治犯の収容先として知られる。

 大使館によると、北角さんは23日午後、大使に電話で「不当な扱いは受けていない」と話したという。