関西エアポートが23日発表した2020年度の関西空港の運営概況(速報値)によると、国際線と国内線を合わせた総旅客数は前年度比92%減の225万人だった。年度としては1994年9月の開港以来、過去最低となった。新型コロナウイルスの流行に伴う渡航制限で国際線の便数が大幅減少した。

 20年度の国際線の旅客数は99・1%減の20万人にとどまった。国内線も遠方への旅行や出張の自粛で旅客数は69%減の205万人だった。国内線は政府の観光支援事業の効果で一時的に回復したが、1月の緊急事態宣言発令で再び落ち込んだ。