優れた国際報道を手掛けたジャーナリストに贈られる「ボーン・上田記念国際記者賞」受賞者の講演会が、5月1日に横浜市のニュースパーク(日本新聞博物館)で開かれる。「習近平指導部の海洋戦略と日米中関係」のテーマで、2020年度に受賞した共同通信社外信部次長の芹田晋一郎氏が講演する。

 芹田氏は、08年に沖縄県・尖閣諸島の領海に中国公船が初めて侵入した事件で、当時の公船指揮官にインタビューし実名報道した。他に登壇するのは、元朝日新聞社経済部次長の村山祐介氏(19年度受賞)と産経新聞東京本社編集局外信部編集委員の藤本欣也氏(20年度受賞)。