世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級タイトルマッチ(24日・エディオンアリーナ大阪)の予備検診が22日、大阪市内で行われ、チャンピオンの寺地拳四朗(BMB)と挑戦者の久田哲也(ハラダ)はともに異常なしと診断された。

 リーチはともに163センチ。身長は寺地が163・8センチで久田より1・4センチ高かったが、胸囲は久田が89・8センチで7センチ上回った。調印式後の記者会見で、8度目の防衛を狙う寺地は「最高のパフォーマンスを見せたい。圧倒的な強さで勝つだけ」と表情を引き締めた。

 36歳の久田は「世界奪取すれば(日本男子)最年長記録となる」と意気込んだ。