【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は21日、人工知能(AI)利用を巡るEU初の規制案を発表した。公の場で顔認証技術などを犯罪捜査に使うのを原則禁止するなどし、市民の権利保護や民主主義、安全への配慮を強める。違反すれば最大3千万ユーロ(約39億円)か、企業なら売上高の最大6%の高い方を罰金として科す。

 法的拘束力を持つこうした規制方針は、世界でも異例とみられる。EUはAI技術で米国などに先行されたが、欧州委員会のベステアー執行副委員長は、倫理や安全のルールを率先して確立し、信頼できるAI利用の「新たな世界標準づくりを先導する」と述べた。