両チームともに決め手を欠き、九回で引き分けた。ヤクルトは六回2死から青木の中前打で均衡を破り、その裏に広島は会沢の犠飛で同点。八回は互いに得点機を生かせず、九回を抑えた広島の栗林は開幕から10試合連続無失点とした。