レスリング東京五輪世界最終予選(5月・ソフィア)に出場する男子フリースタイル57キロ級で2017年世界選手権王者の高橋侑希が21日、オンラインで取材に応じ、一度は途切れて再び開いた五輪への道に「夢みたいな感じ。気楽に自分のレスリングをしたい。調整をしっかりすれば勝てる位置にいる」と意気込みを語った。

 19年全日本選手権で敗れ、五輪アジア予選代表を譲ったリオデジャネイロ五輪銀メダルの樋口黎が今月11日の予選で計量失格に。最終予選のチャンスが高橋侑に回ってくるまで「気持ちが入らない部分はあった」と言うが、諦めずに練習は続けてきた。