奈良県と奈良市は21日、112人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの感染発表数として今月9日の96人を上回り過去最多で、100人超えは初めて。県の担当者は「医療機関の逼迫度は増しており、非常に重く受け止めている」と話した。

 また県は、感染していた1人が死亡したことも明らかにした。県内の死者は64人、感染確認は5263人になった。

 県によると、重症病床の使用率は65・6%、重症病床を含めた全病床の使用率は71・2%となっており、高い水準が続いている。