阪神は2日、兵庫県に「まん延防止等重点措置」が適用されることを受け、6日から5月2日までに甲子園球場で行われる主催試合は入場者数を大幅に制限すると発表した。現在は上限を1万人としている。

 入場券は発売済みの年間予約席のみ有効。ファンクラブ会員への先行販売と一般販売は実施しない。まん延防止等重点措置が解除され、入場者の上限人数の制限が緩和された場合は販売を再開する予定という。