テレビドラマ「北の国から」の父親役などで人気を集めた俳優の田中邦衛(たなか・くにえ)さんが3月24日午前11時24分、老衰のため死去した。88歳。岐阜県出身。葬儀は家族で行った。

 生家で陶芸に携わり、中学の臨時教員を務めた後、1955年に3度目の受験で俳優座養成所に合格。58年に舞台「幽霊はここにいる」に出演した。

 映画は「純愛物語」で初出演後、61年からの「若大将」シリーズで主役の加山雄三さんと張り合う青大将役で評判に。「網走番外地」や「仁義なき戦い」シリーズや、黒沢明監督「椿三十郎」などに出演。あくの強い風貌やコミカルな演技で憎めない脇役を好演した。