フリーマーケットアプリ運営のメルカリは2日、暗号資産(仮想通貨)のサービスの企画開発を手掛ける子会社「メルコイン」(東京)を4月下旬に設立すると発表した。フリマアプリの売上金をビットコインで受け取ったり、スマートフォン決済「メルペイ」のアプリでビットコインの取引や資産運用をできるようにしたりする。

 新会社は資本金5千万円で、メルカリが100%出資して設立。メルペイ(東京)の青柳直樹氏が代表取締役を兼務する。

 暗号資産は国内外で活用が広がっており、メルカリも暗号資産やブロックチェーン技術を活用し、関連サービスでの利用環境を整えることで顧客基盤の拡大を図る。