【ワシントン共同】ジル・バイデン米大統領夫人は1日、エープリルフールに合わせ、訪問先の西部カリフォルニア州から首都ワシントンに戻る専用機内で客室乗務員に変装し、スタッフや同行記者団にアイスクリームを配った。

 記者団によると、金髪のジル夫人が黒髪のかつらにマスクを着用し「ジャスミン」の名札を付けてスタッフ用の客室に現れ、大統領警護隊(シークレットサービス)や記者団にアイスクリームを振る舞って姿を消した。

 約5分後、かつらなしで客室に再び現れた夫人は笑いながら正体を明かし、満足そうに自身の客室に戻っていった。側近らですら変装に気づかなかったという。