自民党は2日、選択的夫婦別姓を含む氏制度の在り方に関する作業チームの初会合を開いた。党内では、推進派と慎重派がそれぞれ新たな議員連盟を立ち上げるなど、別姓を巡る動きが活発化。この日も賛否双方の議員が出席しており、議論を重ねて党としての考えをまとめる。

 座長の石原伸晃元幹事長は冒頭で「(別姓の)問題は、現行憲法の一つの足らざる所が表出した問題だ」とあいさつ。下村博文政調会長も出席し、「党内はもちろん、国民に多様な意見がある。まずはどんな意見や課題があるかを整理してほしい」と述べた。