大阪府は19日、新型コロナウイルス感染者32人が重症となり、入院中の重症者は過去最多の302人になったと発表した。府が確保した重症病床は不足しており、54人が軽症・中等症の受け入れ医療機関などで治療を受けている。新規感染者は719人で、千人を下回るのは12日以来だが月曜としては過去最多。感染者4人が死亡した。

 また府は、過去に発表した感染者数に3人の重複計上があったと明らかにした。16日発表分は2人減って1207人、過去最多を記録した18日発表分は1人減って1219人になる。累計の感染者は6万8688人、死者は1273人となった。1週間の陽性率は8%。