バレーボールの女子日本代表が19日、東京五輪シーズン開幕前の記者会見をオンラインで開き、中田久美監督は「選手の力を十分発揮させられるように環境を整えるとともに、ベンチワークも含めて五輪のシミュレーションをしていきたい」と抱負を述べ、五輪でのメダル獲得を目標に掲げた。

 「わが道を行く」をテーマとし、自ら進んでいく「我が道」、日本のオリジナルを追求する「和が道」、世界一の団結力の「輪が道」の三つの意味を持たせた。就任以降、固定できていないセッターは「まだ絞られていない」としながらも、VリーグでJTを2連覇に導き、初めて代表登録された籾井あきに期待を寄せた。