囲碁の第46期碁聖戦(新聞囲碁連盟主催)本戦トーナメントは19日、名古屋市の日本棋院中部総本部で準決勝が打たれ、伊田篤史八段(27)が羽根直樹九段(44)を破り、挑戦者決定戦となる決勝に進出した。伊田八段は5月6日、一力遼碁聖(23)への挑戦権を懸けて井山裕太三冠(31)と対戦する。

 伊田八段は2015年、七大タイトルの一つ、十段を獲得した実績がある。碁聖戦では初の挑戦手合出場を目指す。