プロ野球の斉藤惇コミッショナーとサッカーJリーグの村井満チェアマンは19日、両団体が連携して設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」終了後の記者会見で、感染拡大により緊急事態宣言が発令されても観客を入れて試合を継続することは可能との見解を示した。

 斉藤コミッショナーは昨季からの感染対策の取り組みに言及し「1年以上のラーニング(学習)を積み重ねてきた。自治体が決定権を持っているが、緊急事態宣言イコール無観客というジャッジは避けてもらいたい」と述べた。村井チェアマンも「観客を入れた試合は千試合を超えているが、クラスターはなかった」と成果を強調した。