【ワシントン共同】ブリンケン米国務長官は18日放送のABCテレビの番組で、米中枢同時テロから20年となる9月11日までのアフガニスタン駐留米軍の撤退後も、米国はアフガンへの関与を続けると強調した。撤退は現地の治安悪化を招くとの共和党からの批判を意識し、反政府武装勢力タリバンを含め「誰も内戦は望んでいない」として和平やアフガン治安部隊を支援すると語った。

 サリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)もFOXニュースの番組で「あらゆる脅威に対処するため、米国はこの地域で能力を維持する」と述べた。撤退後の治安状況については「誰も保証できない」とも付け加えた。