北日本と北陸では19日にかけても、海上は大しけとなる所がありそうだ。気象庁は18日、週末にかけての荒天のピークは越えたとみられるが、北日本では引き続き、土砂災害や低地の浸水、河川の増水の恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、19日にかけて予想される波の高さは、東北、北陸6メートル、北海道5メートル。

 18日夜には、北海道付近にある前線を伴った低気圧と、日本海にある別の低気圧が一つにまとまる。19日は、北日本から東日本を中心に、上空の寒気の影響で大気の状態が安定しない。