東京都は17日、新型コロナウイルスの感染者が新たに759人報告されたと明らかにした。今年の緊急事態宣言解除後に最多だった15日の729人を上回った。直近7日間を平均した1日当たりの感染者数は569・0人に上昇し、前週比は124・1%。累計は12万9540人となった。60~90代の男女10人の死亡も確認された。

 都によると、新規感染者のうち、感染経路が不明なのは447人。65歳以上が73人で、年代別では20代が239人、30代が156人で全体の約半数を占めた。

 都は「感染拡大が続いている。急拡大する可能性も否定できない」と指摘している。