【パリ共同】パリのオペラ座は16日、次期音楽監督に南米ベネズエラ出身のスター指揮者グスターボ・ドゥダメルさん(40)を任命したと発表した。任期は8月1日から6年間。スイス出身の指揮者フィリップ・ジョルダンさんの後任となる。

 オンライン記者会見で、ドゥダメルさんは「感激し、感謝している。受諾するのに一瞬もためらわなかった」と述べた。新型コロナの流行で音楽界も苦境が続いていることから「私たちの芸術の将来に深い責任を感じている」とも語った。

 ドゥダメルさんは、家庭の経済状況を問わずに無償で音楽を学べるプログラム「エル・システマ」出身で、世界的指揮者となった。