【香港共同】香港の裁判所は16日、19年8月に香港中心部で行われた政府への抗議デモ2件を巡り、無許可集会組織罪などで有罪となった香港紙、蘋果日報(リンゴ日報)創業者、黎智英氏に、合わせて禁錮1年2月の量刑を言い渡した。黎氏が実刑判決を受けるのは初めて。

 裁判所は、黎氏のほか民主派9人にも量刑を言い渡した。民主派団体「香港市民愛国民主運動支援連合会」の李卓人主席は禁錮1年2月。2件のうち1件の無許可デモを巡り、東大博士課程在学中の元立法会(議会)議員、区諾軒氏に禁錮10月、「香港民主主義の父」と呼ばれる李柱銘氏には禁錮11月、執行猶予2年が言い渡された。