愛知県知事のリコール運動を巡る署名偽造事件で、運動事務局の元幹部で15日に同県常滑市議を辞職した山田豪氏(52)が関与を認めたことについて、運動を支援した名古屋市の河村たかし市長は16日、記者団の取材に応じ「勇気を出して真相をしゃべった」と評価した。自身は関与していないと改めて強調した上で「一緒にやってきたので(不正を)見つけられず申し訳ない」と謝罪した。

 一方、運動事務局の田中孝博事務局長(59)は同日、「山田氏から直接聞いておらず、内容が正しいかどうか答えられない。なるべく早く説明の機会を設ける」との見解を文書で示した。