ピジョン(東京)は16日、「ランフィ RA8」シリーズ計3種類のベビーカーの一部商品で、後輪のフレームパイプが破損する恐れがあるとして、計3万3721台の車体フレームを無償交換すると発表した。これまで転倒して頭を打つなど計5件のけがの報告があったという。

 フレームの溶接部分にひびが生じている商品があり、使用すると破損することが分かった。対象は2018年1月から19年4月に生産された「ランフィ RA8」と「ベイシス ランフィ RA8」「ランフィ リノン RA8L」のシリーズ各種。

 現在までに「後輪フレームパイプが破損した」などの報告が208件あったという。