萩生田光一文部科学相は16日の閣議後記者会見で、各地で新型コロナウイルス変異株の感染が急拡大していることへの学校の対応について、感染防止策を徹底しながら授業を続けるのが重要だとして「一斉休校は考えていない」と強調した。

 萩生田氏は、感染力が強いとされる変異株には一層の注意が必要と指摘した上で「自治体丸ごとの休校は影響が大きい。(各自治体が)慎重に判断すべきだ」とも述べた。