【北京共同】中国国家統計局が16日発表した2021年1~3月期の国内総生産(GDP、速報値)は、物価変動の影響を除く実質で前年同期比18・3%増だった。新型コロナの流行でマイナス成長に沈んだ前年からの反動もあり、成長率は四半期の統計がある1992年以降で最高。中国経済の持ち直しが鮮明となった。

 年初に国内でのコロナの再流行を抑え込んだことが寄与した。外需回復も成長率の押し上げ要因になったとみられる。プラス成長は4四半期連続。政府目標の通年で「6%以上」の実現に弾みをつけた。

 中国は20年1~3月期に6・8%減と四半期ベースで初のマイナスを記録した。