【ワシントン共同】バイデン米大統領は15日、新たな対ロシア制裁を踏まえホワイトハウスで演説し「ロシアが米国の民主主義への介入を続けるなら、さらに行動を起こす用意がある」と追加制裁を警告した。その上で、両国には世界を安定させる責務があるとして対立緩和に向けた行動を求めた。プーチン大統領と欧州で夏に首脳会談を行うことを両国が「協議中」だと明かした。

 バイデン氏は15日の演説に先立ち米大統領選介入などを理由に包括的な対ロシア経済制裁を発表。ロシアが検討する対抗措置の内容が、当面の米ロ関係を占う上で焦点となる。