東京電力福島第1原発処理水の海洋放出決定を受け、福島県の内堀雅雄知事は15日、経済産業省を訪れ梶山弘志経産相と会談、万全な風評被害対策を求める申し入れ書を手渡した。梶山氏は「適切な賠償の実現に向けて特別チームを省内に立ち上げる」と伝えた。

 これに先立ち県では同日、関係部局長会議を開き、国への要望内容を協議。正確な情報発信、浄化処理の確実な実施、将来に向けた事業者支援といった項目を決めた。

 内堀氏は海洋放出処分が決定した13日、県庁に来た梶山氏と会談したが、政府方針について「今後精査し改めて県としての意見を述べる」と述べ、見解を示さなかった。