東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、鹿児島県で27、28日に行われる聖火リレーの詳細を発表した。俳優の上白石萌歌さん(21)や、北京五輪競泳男子400メートルメドレーリレーの銅メダリスト宮下純一さん(37)らが聖火をつなぐ。

 初日は志布志市からスタート。奄美大島などを経て県のシンボル・桜島を背景に鹿児島湾沿いを走る。

 2日目は種子島や薩摩川内市を経由し、県出身のタレント恵俊彰さん(56)が指宿市で県内の最終ランナーを務める。