全日本空輸は15日、国際線エコノミークラスの機内食の主菜容器をプラスチック製から植物由来の製品に8月から順次切り替えると発表した。運航中の航空会社では世界初という。環境対応の取り組みで、機内での使い捨てのプラスチック量を約3割削減できるとしている。

 新容器はサトウキビから砂糖を精製する過程で廃棄される茎や葉が原料で、「バガス素材」と呼ばれる。全日空によると、海に流れても分解するため、魚や鳥など生態系への悪影響が抑えられる。デザインは陶器製の食器をイメージし、従来よりも縁に丸みを付けた。担当者は「使用規制が強化されつつあり、準備を加速させたい」としている。