東京都は15日、新型コロナウイルスの感染者が新たに729人報告されたと明らかにした。700人を超えたのは2月4日以来。直近7日間を平均した1日当たりの感染者数は500人を超えて523・4人に上昇し、前週比は122・6%。累計は12万8114人となった。

 都内の感染者数は3月中旬から次第に増加傾向となり、再拡大の懸念が強まっている。12日からは23区と6市を対象に、新型コロナ対応の「まん延防止等重点措置」が適用された。