【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボールNBAは14日、各地で行われ、ウィザーズの八村塁は敵地カリフォルニア州サクラメントでのキングズ戦に先発して34分35秒プレーし、3試合ぶりの2桁となる12得点、4リバウンドだった。チームは123―111で勝って21勝33敗とした。

 ラプターズの渡辺雄太はフロリダ州タンパでのスパーズ戦に途中出場し、19分54秒のプレーで、3点シュートを3本決めるなど11得点、4リバウンドだった。チームは117―112で勝ち、22勝目(34敗)を挙げた。