衆院憲法審査会は15日、今国会初の審査会を開いた。憲法改正手続きを定めた国民投票法の改正案を巡り、3回目となる質疑を実施。会期中の成立を目指す自民、公明両党は「議論は尽くされている」として、重ねて早期採決を呼び掛けた。立憲民主党は改正案の一部について「合理性がない」と指摘し、引き続き議論するよう主張。採決への慎重姿勢を堅持した。日本維新の会、国民民主党は自民に同調した。

 立民は国民投票法に関し、政党のスポットCMやインターネット広告の規制も改正案と同時に議論するよう求めている。自民はこの点について、各党幹事らによる論点整理を新たに提案した。