北アルプスの立山連峰を貫き、富山と長野を結ぶ観光路「立山黒部アルペンルート」が15日、4カ月半ぶりに全線開通した。新型コロナウイルスの影響で昨年は中止となった、除雪でできた高さ15メートルもの雪壁の間を歩く「雪の大谷ウオーク」も開催。天候に恵まれ、スノーボードやカメラを携えた、多くのマスク姿の観光客が絶景を楽しんだ。

 ルートは、バスの乗車人数を制限するなど新型コロナ対策を講じ、11月末まで営業する。

 運営する「立山黒部貫光」(富山市)によると、今年は1971年の営業開始から50周年に当たる。