体操個人総合の全日本選手権は東京五輪代表選考会を兼ね、15日に群馬県の高崎アリーナで開幕する。14日に公式練習が行われ、男子で2連覇を狙う萱和磨(セントラルスポーツ)は全日本の得点を持ち点に争われる5月のNHK杯(長野市ビッグハット)までを見据え「持ち味の安定感を(全日本の予選、決勝と合わせ)3日間出すことを意識している」と闘志をたぎらせた。

 女子で昨年優勝の村上茉愛(日体ク)や寺本明日香(ミキハウス)らも調整。村上は昨年12月の全日本から構成を変えた平均台をポイントに挙げ「(五輪個人総合)金メダルに一歩でも近づけるような試合をしたい」と語った。