名古屋鉄道は14日、人気アニメ「名探偵コナン」の新作映画が16日から公開されるのを記念し、名鉄犬山線の江南駅(愛知県江南市)の看板を「名探偵コナン駅」に掛け替え、ファンらを出迎えた。コナン駅を楽しめるのは6月30日まで。

 新作「名探偵コナン 緋色の弾丸」は愛知県が舞台の一つで、江南駅のローマ字表記「KONAN」は「コナン」と読め、語感や響きが似ていることからコラボが実現した。駅長室周辺やプラットホームをアニメに登場するキャラクターで装飾したほか、各種イベントも企画して映画公開を盛り上げる。