熊本、大分両県で計276人が犠牲となった2016年4月の熊本地震は14日、最初の激震「前震」から5年を迎え、熊本県庁で追悼式が開かれた。熊本ではインフラの復興が進み、仮設住宅で暮らす人は3月末時点で418人。多くの人は再建した自宅や災害公営住宅に移ったが、被災した高齢者らの孤立防止が課題となっている。

 追悼式は新型コロナウイルス感染防止のため、参列者を制限し、遺族や蒲島郁夫知事ら35人ほどが黙とう。遺族を代表し、父親=当時(83)=を亡くした嘉島町の冨岡謙蔵さん(58)は「どんなに歳月がたとうとも、あの日の悲しみの記憶は決して消えることはない」と述べた。