産経新聞社は13日、大阪本社(大阪市浪速区)の販売局や同じフロアにある関連会社の社員ら30~60代の男女計13人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。当面、販売局の全従業員を原則として在宅勤務か自宅待機とした。

 10~13日、販売局の社員らが発熱の症状を訴え、検査で13人が陽性となった。12人は内勤、1人は外勤だがマスクを着けて勤務していたという。

 同社は「感染拡大防止に努める」とのコメントを出した。