東京五輪の聖火リレーは12日、奈良県で2日目を迎え、チューリップ畑が広がる河合町の馬見丘陵公園からスタートした。鎌倉幕府滅亡後の14世紀前半に後醍醐天皇が南朝を興した吉野の地を経て、平城京(710~84年)があった県最北部の奈良市を目指した。

 大和高田市では、2000年シドニーパラリンピックで車いすバスケットボール日本代表の主将を務めた根木慎志さん(56)が、ランナーとして登場。両手でトーチを頻繁に持ち替えて車輪を巧みに操作しながら進み、沿道の人々にも手を振って応えた。

 聖火は午後、法隆寺や薬師寺、興福寺を経由し、夜に東大寺の大仏殿前でゴールする。