オリックスが土壇場で追い付き引き分けた。1―4の九回は代打T―岡田の適時打で1点を返し、2死二、三塁から宗の2点三塁打で同点とした。宮城は7回2失点。日本ハムは加藤が8回1失点と好投したが、玉井が誤算だった。