【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボールNBAは10日、各地で行われ、ウィザーズの八村塁は敵地フェニックスでのサンズ戦に先発して24分41秒プレーし、6得点、7リバウンドだった。チームは106―134で敗れ、連勝は2でストップ。今季の成績は19勝33敗となった。

 ラプターズの渡辺雄太は敵地でのキャバリアーズ戦に途中出場して22分59秒プレーし、自己最多の14得点をマーク。チームは135―115で快勝し、21勝32敗。