10日午前11時20分ごろ、大阪府富田林市喜志町4丁目の近鉄長野線の線路で、奈良県五條市に住む小学1年の女児(6)が河内長野発大阪阿部野橋行き準急電車(5両編成)にはねられた。女児は頭を打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。

 富田林署によると、線路脇に1人でしゃがんでいる女児に運転士が気付き、警笛を鳴らしてブレーキをかけたが間に合わなかった。女児は母親らと、現場近くの祖父母宅に遊びに来ていた。

 近鉄によると、上下線計17本が運休するなどして約2500人に影響した。