バスケットボール男子のBリーグは1日、新型コロナウイルスの影響で試合の中止が相次いでいることを受けて臨時実行委員会を開き、プレーオフのチャンピオンシップ(CS)は予定通り開催することを決めた。

 トーナメント形式で行われるCSで、選手に新型コロナ陽性者が出て試合へのエントリー要件を満たせないチームは不戦敗となる。レギュラーシーズンで中止となった試合は代替試合を実施し、全試合の開催を目指す。B1は5月10日、B2は同3日まで代替試合を組むことができ、シーズンの順位は勝率で決める。

 選手らへのPCR検査は2週間ごとから1週間ごとへ頻度を高め、対策を強化する。