文部科学省が検定結果を公表した2022年度の高校教科書のうち明成社(東京)の歴史総合が、沖縄戦の戦没学徒の慰霊碑「一中健児之塔」(那覇市)を「顕彰碑」と表記し、報道機関の指摘を受け「慰霊碑」に訂正申請する考えを示したことが1日、分かった。文科省によると、検定で修正を求める意見は付かなかった。元学徒らは「戦没者を英雄視し、戦争を美化することは許されない」との声明を発表した。

 明成社の教科書は沖縄戦のページで、沖縄県立第一中(現在の首里高)の戦没学徒を慰霊する塔の写真を顕彰碑と記載。ひめゆり学徒隊を「ひめゆり部隊」と表記したことも元学徒らは問題視した。