鳥取県は1日、昨年11月から今年3月までが漁期だったズワイガニの水揚げ額と1キロ当たりの平均単価が、統計がある1964年以降で過去最高を更新したと発表した。

 県水産課は、漁期前半に政府が展開した観光支援事業「Go To トラベル」で宿泊施設や飲食店の需要が高まったことなどが、奏功したとみている。

 同課によると、水揚げ額は約31億7500万円で、2019~20年の同じ時期と比べて15%増えた。1キロ当たり単価は、同27%増の4344円だった。