気象庁は1日、3月の天候まとめを発表した。全国的に月平均気温はかなり高く、特に北日本から西日本は1946年の統計開始以来、3月として最高となる記録的な暖かさとなった。月降水量は北日本の太平洋側でかなり多く、東日本の太平洋側で多かった。

 気温の高さは寒気の流入が弱かったためで、東日本は平年値を3・4度、北日本は3・0度、西日本は2・9度上回った。千葉市は平年より4・3度高い13・2度、横浜市と東京都心部はそれぞれ平年より4・1度高い13・2度と12・8度、鹿児島・沖永良部は平年より2・0度高い20・0度に達し、いずれも最高記録を更新した。